FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

残されたのは私です

おひとり暮らしの老夫人
息子さんが寂しいだろうからと
昔飼っていたことのある マルチーズを2年前プレゼント

まあ、気持ちはわからなくはないけど
でも子犬をプレゼントするかい?って話にもなる

2年経って夫人は亡くなり
残されたのは  このマルチーズの女の子




私  名前を クリームと申します。
年齢は2歳
健康には問題ありません。
体重2.6キロ  ちょっとおちゃめな女の子でございます!(^^)!

cream2.jpg


最近 病気で入院、結局飼育放棄せざるを得ない状況になり
こちらに来た子達が3匹

新たに飼い主死亡で来た子が1匹 (クリームちゃん)

cream3.jpg

高齢になったら犬を飼ってはいけないのか?
いや違う

犬は充分いやしてくれるし、生きる活力にもなる

お年寄りこそ 希望なら一緒に暮らす犬が必要なのではないか?

でも高齢の飼い主さんが犬の世話をできなくなったら、
残された犬たちはどうなる?

たまたま 私のところに来た子はいいけど

センターに入ってくる犬の処分理由。
その理由が・・高齢飼い主の病気・入院・または飼い主死亡・施設入所等。
高齢者がらみの持ち込み依頼がずいぶん多いのが事実

自分が元気なうちに  犬の生涯をお願いできる人を見つける
など、高齢の方は、まだ先のことと思わず前もって対策を考えておくべきです。

10年後
15年後が不安なら、ある程度年の取った犬を迎えるのがいいと思います。



応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR