FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

先日の面会で


先日ワンちゃんを飼いたいという方と面会しました。

60歳以上夫人

夫人は前のワンコが亡くなり
やっぱり寂しい  犬を飼いたい と思っていると
言っていました。

ペットshopに行ったら パグの赤ちゃんがいたそうです

shopの店員さん

この子はだれに抱かれてもガタガタ震えてるのに
奥さんにだけには
安心して抱かれてる
ほら震えてないでしょう?

と言われたそうです

あの子は私になにか感じたんだわね~

そう嬉しそうに話されていま した。

私は心の中で

そんなん、売りたいから言ってるに決まってる
それがわからないなんて・・・・

と思ったと同時に

今から子犬?

そっちも驚きました。

15年後 あなたは何歳ですか?

と聞きたかったけど

ぐっとこらえて、

私の年でも、子犬からなんて飼えません。

ここに子犬、若い犬、シニア犬
がいたら、私はシニア犬を選ぶでしょう

そうお話しました。




シニア犬なんて
お別れが早くてつらいだけじゃないですか?
ずっと一緒に長い期間いたいから
シニア犬は無理です。

そう夫人は言って 私がシニア犬を選ぶと言ったことが
信じられない  って感じで笑っていました。

人間の側から考えれば確かにそうです。
短い期間しか一緒にいれないのはつらいことです。

でも犬のほうから考えたら
途中で飼い主が変わることはなにより辛いことなんです。

それが、自分の娘家族であろうと、息子家族であろうと

環境が変わることに違いないのですから

人間の考えだけで、
犬を迎えないで欲しい

犬の気持ちになって
犬を迎えてほしい

人間のエゴに苦しむのは 犬たちです。
犬は飼い主を選べません
人間は犬を選べます

だからこそ 犬の気持ちになって新しい家族を
選んであげてほしいんです。







ご支援いただきありがとうございます。

送ってくださった方の名前が
どこを探しても見つかりませんでした。

mailにてお知らせいただければ
うれしいです。

食欲のない老犬に缶詰 大好評

amazonsien119.jpg


foodボール

amazonsien117.jpg


手術後に着せる洋服 これで、1週間はカラーなしで
すごせます。

amazonsien118.jpg

沢山のお気持ち 本当にうれしく
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。



応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


わんちゃんに関するお問い合わせや ご連絡等はこちらまでお願いします。
メルアドクリックで普段お使いのメールソフトが立ち上がります。
hyougogreenleaf@gmail.com



ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR