FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

殺処分 ゼロをめざす


この言葉最近新聞でもテレビでもよく取り上げられ
耳に入る言葉です

82,902という数字なんの数字と思いますか?

これは、平成27年度、自治体に収容され
やむなく殺処分された動物の数なんです
だれが悲しむわけでもなく ひとり寂しくこの世を去って行った
犬や猫の数のあまりに多いことに驚きます

なぜこんなに多くの命が 消えて行ったのでしょうか?

その理由として、

引っ越すから
仕事が忙しくなったから
増えすぎてしまったから
思っていたより大きくなったから
子供ができて動物の面倒まで見れなくなっ たから
飼っている本人が病気になって飼えなくなった
等々です

なぜ 愛護センターや保健所に 
簡単に持ち込めるのでしょうか?
もし飼えなくなったとしたら 自分でも里親募集をする 
だれかに相談してみる
など努力しないのでしょうか?

先日も 飼えなくなったと相談がありました
今すぐは引き取れないと返事した 数分後 
愛護センターというところが引き取ってくれました

そう返事がありました

愛護センターというところがどんなところか知りもせず 
簡単に目のまえからいなくなったらそれだけでいい

そんな気持ちなのでしょうか?

何年も 一緒にいた 相棒を いとも簡単に手放す
そんな人が多いのには これまた驚きます

殺処分ゼロにしようと行政をはじめ愛護団体も頑張っています

私は思うのですが 

殺処分ゼロをめざすのはすばらしいことですが、その前に
収容犬猫 ゼロを目指してほしい

収容犬猫がゼロになれば、したがって
殺処分ゼロになるのですから



応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


わんちゃんに関するお問い合わせや ご連絡等は
こちらまでお願いします。
メルアドクリックで普段お使いのメールソフトが立ち上がります。
hyougogreenleaffornextdoor@yahoo.co.jp
お返事がErrorで戻ってきてしまうことが多く困っています
携帯電話からお問い合わせいただく場合は、
PCメールブロック解除後にお願いします。


ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR