FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

2匹の老犬がお星さまになりました

柴犬のおばあちゃん 警察に迷子で保護されこちらにきましたが、

関連記事:飼い主さん、私を探して!!

眠るように亡くなりました。
推定年齢15歳


トイプードル チェリーちゃん  
私が初めて家族にした子でした。
年齢17歳
5月にシニアドッグと暮らす日々で紹介したプードルちゃんです。

関連記事:シニアドッグと暮す毎日

私たちと暮らして17年
いつもチェリーは一緒にいました。
いろんな所にもいっぱい行きました。
子供たちも小さかったので、犬と泊まれるペンションを見つけては夏休み 旅行に行きました。

子犬だったチェリーは子供達と成長し、17歳になり、そしてその子供たちも成人し、
来年は幼稚園だった下の娘も就職です。

柴のおばあちゃんが眠るように亡くなって10日目
チェリーとのお別れもきました。

2匹とも 本当に穏やかな、静かな眠りの中でのお別れでした。
苦しむこともなく、私の腕の中からあの世に旅立っていきました。

最後に2回

かすれた声で   ワン   ワン  となきました。
それは さよなら、さよなら  と言っていたのです。

冷たくなったチェリーを抱き  
1時間以上  ありがとうと何度も何度もいいました。
悲しくて、悲しくて  涙がどんどんあふれ、
息を引きとったチェリーの体がびしょびしょになりました。

ひとつの時代が終わったような気がしました。

初めて家族で犬を飼い、その後このような保護活動をすることになり、現在の私があります。
チェリーを家族でもしも飼っていなければ  
私の犬にたいしての気持ちは今のようではなかったかもしれません。

犬の愛らしさ、素直さ、そうして見返りのない愛情

チェリーにたくさん教えてもらいました。沢山の愛情をもらいました。
私だけでなく私の家族もチェリーと一緒に成長しました。

お別れは本当に何度直面しても辛いです。

それが、保護犬であろうと、自分の犬であろうと同じです。

泣いている私に娘が
また天国で見守ってくれてる家族が増えたね。
みんなお母さんのこと守ってくれてるよと。

こころ優しい方から こんな綺麗なお花をそなえていただきました。


sibabasan2.jpg
hanap1.jpg

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR