FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

幸せになったシーズのヴィツ君

今から4ヶ月ほど前にうちにレスキューされてきたシーズ君

仔犬なのになぜ飼育放棄?と思ってよくお顔をみると口もとが少しおかしい。
病院に診察にいくと、「このわんちゃん三口ですね。」
とのことでした。
でも食事もしっかりドッグfood食べますし、なんの問題もありません。
里親募集をしていても仔犬となれば、いつも殺到するメールが全然なし。

やはりハンディーあるとなかなか迎え入れるのに勇気がいるのかな?と思っていたら、

「本当はうちは誰にももらってもらえないような老犬の里親になりたいのですが、
 この子ハンディがあるようなので、もしうちでよければ
このわんちゃん迎え入れたいのですが」

というお話いただきお連れさせていただきました。

4ヶ月たって当時6ヶ月か7ヶ月ぐらいだったシーズくんももうそろそろ1歳
大阪からうちまで、お顔みせに連れてきてくださいました。

大きくなって元気いっぱい。
お口もほとんどめだちません。
よく見るとわかりますが、
トリミングにいっても最初トリマーさんも言われるまで気づかなかったぐらい。
今ではあたたかいご家族に恵まれ、幸せいっぱいのヴィツ君
家では暴れまわってまるで台風のようらしいです(笑)

保護犬の場合目にみえた障害がある子もいれば、
心にとても深い傷を負い障害をもっているわんちゃんもおります。
保護犬の里親になるということは、それなりに覚悟がいることです。
ただ、かわいいだけでは里親様にはなれません。
でも里親様になっていただけたら、
それはそれで、とってもうれしいこと、喜ばしいことも
わんちゃんを通じてたくさん実感できます。

一人でも多くの方が、この里親制度に目をむけてくださればと日々思っております。

シーズのヴィツ君の里親さま
大阪府のS様より支援いただきました。
sien5.jpg

vitu1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR