FC2ブログ

Green Leaf 未来を信じて seasonⅡ

約20年続いたワンちゃんレスキューのボランティア兵庫GREENLEAさん。新たにseasonⅡとして青葉さんより引継ぎ、 沢山の不幸なワンちゃんに幸せを与えていく活動をさせて頂きます。 一匹ずつ、一匹ずつ 悲しいお目々が嬉しいお目々になれますようにという青葉さんの想いに共感し、このような活動がこの世の中から無くなり、人と動物が共存できる豊かな世界に向かって…未来を信じて…活動していきます。

Entries

ぼく  マルチーズのロメです。

みんなぼくのこと、小さくて可愛いねー!!
と言ってほめてくれるんです。
元気に一見みえるのですが、実はぼくは
肺動脈弁狭窄症(PS)という病気なんです。

ロメちゃんは見た目は本当にどこも問題ないような元気な男の子です。
でも体の中(心臓)はひどい状態です。
無邪気にうちのほかの犬と遊んだり、ふざけたりする姿を見ると涙がでます。
食欲もあり、ドライフードもあっという間に食べてしまいます。
もう、終わり?
って顔でこっちを見ているんですよ。

どうして、こんな状態の心臓で今まで生きていられたのか?
不思議です。

昨年チワワのハーブちゃんの手術でお世話になった関西動物ハートセンターに精密検査に行ってきました。
40分ぐらい待たされて、
血液検査
心電図検査
X線検査
心エコー図検査
などしていただきました。

先生の診断は
やはり
肺動脈弁狭窄症の重度と診断されました。

手術に踏み切るか?それとも薬で一生乗り越えるか?

ただ、ハーブちゃんの時のように手術をすれば、ほとんどの場合普通に生活できるといった感じではないそうです。
手術の成功率  70%  死亡率30%
これは5キロ以上のわんちゃんの例であって、このロメ君のように2キロもない小さな子には
もっとリスクはあるそうです。

先生からは
手術後 突然死にいたることも多く、手術を是非してあげてください
とは、言いがたいものがあります。
この病気の子と暮らすということは、現実の話し、治療費も莫大かかります。
どうしますか?
ゆっくり考えてください。
と言われ今日は1ヶ月分のお薬をいただいて戻ってきました。

神様が与えてくれた大切な命
私と出会えたこの小さなロメ君
きっと神様が私を選んでくれたと信じようと思うものの
ロメ君を抱きしめ病院からの帰りどれだけ泣いてしまったことか。

でも一生懸命生きているロメくんを受け入れないわけにはいきません。
神様から私に縁をいただいたロメ君
一緒に頑張りますよ。

神様にそう簡単にはお返しできませんから。



応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

ご案内

里親を希望される方へ

Author:桜

里親を希望される方は必ず
《犬の譲渡について》

に目を通して下さいますよう
よろしくお願い致します。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

いつでも里親募集中

カウンター

カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR